quick-link

2013/11/04

なんだか今年は

振り返るのはまだ早いかもしれないけど。我ながらイベント盛りだくさんな年だった。

二人暮らしを始めたり、結婚したり、仕事面でも管理職になったり、子供ができたと思ったら、700g台の超未熟児で生まれたり。

それでも息子にはなんとか生きて欲しい。

正直今まで子供がかわいいとか愛おしいとか、一度も思ったこと無かったけど、小さく生まれてきた息子を見ていると涙がうっすら流れて、なんだか無責任で好きではなかった「がんばれ」という言葉さえ出てくる。

不思議なものだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Thank you for your message.

人はなぜ気象に興味があるわけでも無いのに天気の話をするのか?

タイトルを見てすぐに答えがわかった人にはあまり意味がない話であろう。 こんな疑問を感じることも無く、普通に天気の話をしている、という人にもおそらく意味がない話であろう。 天気の話というのはどういうことか。 例えば「2018年7月23日、埼玉県熊谷市で、最高気温が摂...