2015/09/29

共有

とある筋の知り合いが伴侶を失った事をきっかけに多くの物を投げ出した。

彼の気持ちはわからないではない。

過去に自分も近しい行動を取ったことがあるから。


今更この歳になって言う事でもないが人間って結局独りなんだな。

一生一緒に居ると誓ったのに時間がたつと、他人になりたいと言い出す。
不思議なもので私は今までいつも置いて行かれる側だ。

私の伴侶は今のところそういう事は言い出していないが、もし彼と同じ状況になったら、私も同じかもっと破滅的な行動をとるかもしれない。

同じ時間と言葉を共有したはずでも、その意志は大幅にずれている事がある。
やっぱり人間は独りなんだろう。

当たり前だな。もともと誰かに代わってもらえる人生ではないのだから。

んーなんか我ながら、まだこんな事でもやもやしてしまうというのは、大人になれてないなぁ・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Thank you for your message.

パタリロ42巻の謎

 一部で語り継がれている謎だがパタリロ42巻で出てくる謎の内容は概ね次の通りだ。 とある店で3人の旅の客が3千円のものを買って、店番に3千円出した。 店主が「500円まけてあげろ」という指示を出したが、店番は200円をちょろまかして、3人の客に300円をお釣りとして返した。 30...