quick-link

2012/07/22

地球の放課後

黒い半透明のゼリー状の生命らしきもの「ファントム」によって人類のほとんどが消されてしまった地球に、残された少年少女の生活を舞台にした物語。

シンプルで人が居ない綺麗な世界を映し出した佳作。

終末的なんだけど、希望がある、不思議で綺麗な世界観がちょうど気持ちよかった。

もうちょっと重厚な、SFっぽい説明があってもよかったかも、と思ったが、この世界観にはこのくらいの軽さがちょうど良いのかもしれない。

全6巻で完結。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Thank you for your message.

人はなぜ気象に興味があるわけでも無いのに天気の話をするのか?

タイトルを見てすぐに答えがわかった人にはあまり意味がない話であろう。 こんな疑問を感じることも無く、普通に天気の話をしている、という人にもおそらく意味がない話であろう。 天気の話というのはどういうことか。 例えば「2018年7月23日、埼玉県熊谷市で、最高気温が摂...