2012/07/22

地球の放課後

黒い半透明のゼリー状の生命らしきもの「ファントム」によって人類のほとんどが消されてしまった地球に、残された少年少女の生活を舞台にした物語。

シンプルで人が居ない綺麗な世界を映し出した佳作。

終末的なんだけど、希望がある、不思議で綺麗な世界観がちょうど気持ちよかった。

もうちょっと重厚な、SFっぽい説明があってもよかったかも、と思ったが、この世界観にはこのくらいの軽さがちょうど良いのかもしれない。

全6巻で完結。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Thank you for your message.

空気が読めない、はっきりものを言うのは悪い事なのか

私ははっきり空気を読まずにものを言う方である。 小さいころから、空気が読めない、失礼だ、ああ言えばこう言う、屁理屈を言うな、とこの手の言葉を何百回何千回言われたかわからないくらいに言われて育った。 歳をとって幾分丸くは成ってきたが、それでもいまだに知人には弁護士...