2017/04/18

続き。帰ってこない貸した金

http://blog.ixam.net/2017/04/blog-post_11.html
こんなことがあってから、向こうが言っていた返済期限というか連絡する期限が、すでに2週間近く過ぎたが、やっぱり音沙汰ナッシング。

まぁそういうもんなんだろうなー。
正直自分は、最悪無くなっても、それで縁が切れても痛くも痒くもないし、最後にそれくらい上げても良い位の関係はあったと思っていたし、縁が切れずに返してくれれば、もとより何の問題もないと思ってはいた。

貸した金は帰ってこない。よく聞く話ではあるが、初めからパクるつもりで借りる人ってそこまで多くないと思うんだよね。
私の貸した相手も、むしろ性格的にはそういう点について潔癖なタイプだった、

でも結果こういう行動になってしまう、もはやそういう精神状態や状況の方が心配ではある。とはいえ借りたものも返さない奴に何かしてやる気にもなれないのは確かなんだけどさ。
あの人の性格を思い返すと、結局自己嫌悪して、自分を追い込んで鬱に入るネタが一つ増えてしまったという状況が容易に想像できてしまう。

なんだろうね、こういう事人間はずっと繰り返してきて、いろんなところで言われているのに、やっぱりまだまだ繰り返すんだろうね。
不思議といえば不思議ではあるな。

もうタイミング逃して向こうも連絡しにくくなっているんだろうなぁ。。。

こんな境遇の人がいる一方で生まれながらに親から平均年収では一生かかっても稼げない額の財産を、受け継ぐ事の出来る人もいる。
人間の社会ってのはほんと不公平にできてるもんだな。。。

まぁ死ぬまで気長に待つかな。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Thank you for your message.

空気が読めない、はっきりものを言うのは悪い事なのか

私ははっきり空気を読まずにものを言う方である。 小さいころから、空気が読めない、失礼だ、ああ言えばこう言う、屁理屈を言うな、とこの手の言葉を何百回何千回言われたかわからないくらいに言われて育った。 歳をとって幾分丸くは成ってきたが、それでもいまだに知人には弁護士...