2018/04/18

カルメル市場

テルアビブにある大きめのマーケット。

並んでいる品も異国情緒があってよい。

ヘブライ語が読めないと、なんだかわからないものも多いのが難点w

ド派手な色のお菓子やら、

南国フルーツ

これはザクロ(ちょっとグロイ)

どうやって持って帰ればよいかわからないチーズ。。

ペースト的な何か。

中央の道はにぎわっているが奥はこんな感じ。

正直食品、それも野菜や果物、あるいはお菓子でも量り売り等が中心で旅行者が気軽に買えるものはそれほど多くない。
加えてやはりシャバット期間中はやっていないので、仕事で来ていると、なかなか行きにくい。
何軒か、お土産にできそうなアクセサリーや、金属製品を売っている店もあったのでそこでお土産を購入した。
衣料品もあるが、Made in Chinaが多かった。
基本的には明朗会計だったように思うが、値段のついて居ないものも多かったので、店によっては吹っ掛けられることが無いとは言い切れないと思う。

とはいえ、テルアビブに来て見ないで買えるのはもったいないと思える位の活気や、雰囲気は感じ取れるので、一度は散策してみるとよいのではなかろうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Thank you for your message.

空気が読めない、はっきりものを言うのは悪い事なのか

私ははっきり空気を読まずにものを言う方である。 小さいころから、空気が読めない、失礼だ、ああ言えばこう言う、屁理屈を言うな、とこの手の言葉を何百回何千回言われたかわからないくらいに言われて育った。 歳をとって幾分丸くは成ってきたが、それでもいまだに知人には弁護士...